高級腕時計買取 無料申込プロモーション

男性 着物

今回は男性モノの着物について少々・・・。引き続いてウィキペディアを参考に色々と調べてみました。

男性用の普段着の和服には色無地・浴衣・作務衣・甚平・丹前・法被(はっぴ)などが含まれる。・・・と説明されています。

・色無地 ー 和服の中で柄のない、黒以外の無地の和服。

ここで、黒以外の無地として、”黒の無地”は、色無地とは言わない様な印象を受けたので、そこいら辺りに探りを入れてみました。

黒とは、着物では一般的に最高の礼装と言う概念が、今なお続いていて、大多数の黒無地の着物に対する意識が、定着しているのが”黒の無地”だけは、色無地には含まれていない要因に関係しているのか・・・?

・・・という予想を越える回答は結局、得られませんでした。
着物では、”格”に対して時空を超えた共通認識があって、場所や立場、状況に応じて着こなさなければならないお約束がある・・・と言うシバリ(?)があるのでしょうか・・・?

・浴衣 ー 通常の和服とは違い、長襦袢を着用せず、素肌の上に着る略装。・・・とこれもウィキペディアで説明されています。

浴衣と言えば、最もシンプルな着物。男性用の場合、白無地・藍染などで、白系・ネイビー系・グレー系の伝統的な無地系か古来よりの伝統的な縞模様系に、角帯と下駄という印象。最近では。女性の浴衣の様な絵柄も着こなしているメンズも見受けられます。

とにかく丈に合わせた足元が短からず、長からずがポイント。
カップルな場合、女性の柄に合わせて着こなすのもオシャレな男の浴衣という声も見受けられます。

・作務衣 ー 作務衣(さむえ)は、そもそも禅宗の僧侶が務め、日々の雑事(作務)を行うときに着る衣だったそうです。これもウィキペディアより・・・・。

現在のような形の作務衣が一般的に使用される様になったのは、昭和40年代頃からだとも・・・。後述の甚平とも混同されて販売されている場合もあったりしているそうです。

今では、僧侶の方々以外に、和食料理人、旅館の中居、陶芸者、とかに愛用されたり、一般的には普段着や部屋で過ごすときに使われたり・・・。

生地の基本は綿。麻。あるいは綿と麻の混紡。

・甚平(じんべえ) ー その由来は陣羽織というのが、今では最も有力な説とされています。ただし、大正時代以降頃から大衆に浸透していったそうです。

作務衣の様に帯は使わずに、紐で結んで袂(たもと)をととのえる形。更に半ズボンタイプも作務衣との違い。生地は作務衣とほぼ同じ。

・丹前(たんぜん) ー 着物の防寒着。ドテラ。昔のオヤジは良く、冬に羽織っていた着物。ラクダの上下に腹巻にドテラ。室内着で、愛用されていた綿の入っている着物です。昭和な頃は、そんなお父さんが珍しくない時代でも・・・?

・法被 (はっぴ) ー 祭事の上着というのがメインな印象。あと、消防団員の制服。なので、特殊なイメージ。集団のマークを表わす着物。

着物買取相場的には、男性用着物の場合、高価買取で評判なのは、大島紬・結城紬・江戸小紋の様です。

男物着物イメージイラスト500×375.jpg






女性 着物

着物の種類 は男女によって、様々。今回は女性の和服について少々・・・。ウィキペディアを参考にして列挙して見ました。

さて早速ですが、女性の着物には先ず大きく二つに分けられていて、正装で着用する着物と普段着でのそれとがあります。

正装用の着物は、原則的に結婚式・叙勲などの儀式・茶会など格の高い席やおめでたい儀式で着用される着物ですネ。

代表的なのが、 黒留袖。既婚女性の正装。生地は地模様の無い縮緬(ちりめん)が黒い地色で染められていて、五つ紋(染め抜き日向紋)をつけるといわれています。紋には他にも刺繍紋があって、黒留袖は染め抜き日向紋の五つ紋は決まっているデザイン。絵羽模様(えばもよう)は腰よりも下の位置にのみ置かれています。
 
次に 色留袖。黒以外の地色で染められた留袖の事。本来は既婚女性の正装であったのですが、最近では未婚の女性も着用することも多いそうです。生地は縮緬だけではなく、同じ縮緬でも地模様を織り出したものや綸子(りんず)を用いることもあります。ちなみに綸子とは、模様を織り出した絹織物の事で、光沢で模様が見える染生地の事。

黒留袖は五つ紋だけれど、色留袖の場合五つ紋だけではなく三つ紋や一つ紋の場合もあるのが特徴なのだそうです。

宮中行事では黒が「喪の色」とされていて、黒留袖は着用しない慣例なので、叙勲やその他の行事で宮中に参内する場合は、色留袖が正式とされているという事です。黒留袖は民間の正装とされています。

さて、一番目にする振袖。主に未婚女性用の絵羽模様がある正装というのが端的な回答。五つ紋を入れる場合と入れない場合があって、後者は格の高い場へ着用して行くのは望ましくないとされています。袖の長さにより、大振袖、中振袖、小振袖があり、花嫁の衣装などに見られる袖丈の長いものは大振袖。

近年の成人式などで着用される振袖は中振袖となっている場合が多く、絵羽模様に限らず小紋や無地で表された振袖も多いとの事。正装の着用の場合は、目上の人との格式を事前に知っておかないと、失敗したりすることがあるので、注意が必要ですネ。



それでは次に訪問着の件。
女性用(未婚、既婚の区別なし)の絵羽模様がある正装。紋を入れる場合もあります。生地は縮緬や綸子・朱子地などが用いられることが多く、紬地で作られたものもありますが、紬はあくまでも普段着であるため、訪問着であっても正式な席には着用できないのが訪問着。

次に、喪服は訪問着の範疇。五つ紋付き黒無地。関東では羽二重(はぶたえ)、関西では一越縮緬(ひとこしちりめん)を使用することが多いそうです。

略喪服と言って、鼠や茶・紺などの地味な地色に黒帯を合わせる喪服もあります。略喪服(色喪服)は参列者及び遠縁者など血縁の近さ遠さによって黒喪服を着るのが重い場合や、年回忌の折に着用する(通常は三回忌以降は略喪服を着ることが多い)という事なので・・・。

古来は喪の礼装であったため、長着の下に留袖と同じく白い下着(重ね)を着ていたのですが、現在では礼装の軽装化と「喪が重なる」と忌むことなどもあって、下着は用いられないのが一般的になったのだそうですネ。

未婚、既婚、共に着用されるのが喪服です。本来は白いものであった喪服(現在、白い喪服を用いる地方もある)が、明治期以降、黒=礼装の色と定められたことや、洋装の黒=喪というイメージの影響で現代では、黒が一般的になりました。


それと、付け下げの件。訪問着を簡略化したもので、絵羽模様ではなく、反物の状態のまま染色し、縫うと訪問着のような位置に柄が置かれるきもの。一見訪問着と見まがうものもあるが、訪問着との大きな違いは柄の大きさや縫い目での繋がり、八掛(裾回し)が表地と同じもの(共裾)ではなく、表との配色が良い別生地を用いているところが特徴です。

略式礼装に当たるため、儀式などの重い席には着用されることは少ないけれども、趣味性の強い柄付けや軽い柄付けの訪問着より古典柄の付け下げの方が格は上とされています。一般的な付け下げは、儀式ではないパーティーなどで着用されることが多いというのが現状だそうです。

最後に、袴の件。女性用の袴は女学生や教師の正装の一つとされていました。明治・大正時代に、学校で日常的に着る服として女学生の袴姿が流行したことが、日本の文化として定着したというのが始まり。現在でも入学式・卒業式などの学校の儀式で袴は正装として着用されていますネ。


最後に普段着の件。普段着には、小紋・紬(つむぎ)・浴衣等があります。

先ずは、 小紋。小紋は上下の方向に関係なく模様が入っている。そのため礼装、正装としての着用は出来ないとされています。(江戸小紋を除く)主な「小紋」の技法として知られるのは「江戸小紋」「京小紋」「加賀小紋」があります。


次に、 紬の件。紬糸で織られた絹織物。蚕の繭から糸を繰り出し、撚り(ヨリ)をかけて丈夫な糸に仕上げて織ったもので、例外的に木綿を素材とするものを称することもあります。

最後に 浴衣。通常の和服とは違い、長襦袢を着用せず、素肌の上に着る略装というのが浴衣の正式な説明・・・。


和服の場合昔は、着る事でそれがマークになって、階級を示すことになり、格という発想がありました。身分制度のあった頃の服装なので、今なら誰でも、着用する自由はあるものの、外出先では冠婚葬祭の折、失礼にならない様に、きものの着用に気を付けるというのが、和服にはありますネ。

着物買取相場に関しては、上述の様な格式の有無とか正装・普段着による事よりも、例えば奄美の大島紬の様に非常に高価な普段着等があります。

需要と供給の兼ね合いとか、流行による時期とかも着物買取相場には関わって来る事は予想されます。




【着物買取】宅配買取の久屋

着物買取 大阪

今回、着物買取 大阪でネット検索してみると・・・、

1. エコリング 谷町店星4.8 口コミ(34)
  https://www.eco-ring.com/shop/pref-osaka/tanimachi 
  〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町2丁目5-5幸成ビル1F 
  電話: 0120-215-850 ・ 06-6809-5105 
 
2. 丸恭質店星5.0 口コミ(2)
 http://marukyo.info/
 〒664-0858 兵庫県伊丹市3丁目3−10
 電話: 0120-730-078

3. 着物買取アートトップ星4.0 口コミ(2)
 http://www.kimonokaitori-top.com/
 〒564-0082 大阪府吹田市片山町1−18−6 ベルベナー吹田ビル
 電話: 0120-274-900

4. まんがく屋星2.5 口コミ(2)
 https://www.mangakuya.com/
 〒571-0045 大阪府大阪府門真市殿島町 7-16 ベルビュー三番館1階
 電話: 0120-590-009

5. 着物買取さいとう星4.4 口コミ(7)
 http://okimono.sakura.ne.jp/
 大阪府堺市中区福田990
 電話: 072-234-1119

6. イデアール株式会社/着物買取センター星3.3 口コミ(3)
 https://kimono-kaitori.business.site/
 〒545-0021 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野区阪南町2丁目30−18
 電話: 0120-068-935

7. リサイクル着物 さくら星4.1 口コミ(8)
 https://www.rifrekan.com/sakura/company.html
 〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1丁目17−10
 電話: 06-6643-2801 

8. 着物買取の彩羽 いろは星1.5 口コミ(4)
 〒546-0011 大阪府大阪市東住吉区針中野3丁目8−24
 http://iroha-kimono.com/
 電話: 0120-655-168

9. きものリサイクル ながもち屋大丸梅田店星4.0 口コミ(1)
 〒530-8202 大阪府大阪市北区梅田3丁目1−1
 https://www.nagamochiya.com/
 電話: 06-6343-6844


10. 小夏 リサイクル着物・着付け教室星 記載なし 口コミ(記載なし)
 https://konatsukimono.shopinfo.jp/
 大阪府吹田市山田西2丁目1−16
 電話: 06-6170-2690

11. 千kimono星4.0 口コミ(5)
 https://www.net-shinei.co.jp/sen/index.html
 大阪府吹田市山田西2丁目1−16
 電話: 06-6367-5660


12. たんす屋 難波ウォーク一番街店星4.7 口コミ(3)
 https://tansuya.jp/
 〒542-0076 大阪府大阪市 中央区難波2丁目 なんばウォーク1-6
 電話: 06-6211-0271

この時点では、概ね以上の結果になりました。

北と南に集中しているのは、大阪の街の特徴なのですが、結構な地方の市街地にも数件チラホラ店舗を構えているのも伺えます。ざっくりとした検索結果なので、細かく検索すればモット見つかるかもしれません。

商都 大阪は古都、京都にも奈良にも隣接しているので、着物や伝統文化に関する色々は、首都圏とはまた違った趣が感じられると言えます。

着物に関しては、東京や京都には数的には及ばないかも知れませんが、寄席や文楽などの芸能の拠点もあったりして、京都とは少し風合いの違った、その様な特徴があります。

加えて大阪は、天下の台所としての歴史もあって、食産業に携わる例えば、すし職人さん等の割烹着とか、日本料理店のきもの着とか、食の街独特の着物の需要なども、大阪の着物や着物買取に対する特徴の源になっているのかもしれません。

他方、大阪は繊維産業の伝統があって、繊維シティーとか船場センタービルなどの商社の、服飾やその他の繊維関係の歴史も古く、着物に関しても産業として昔から今に至るまで、それらは連綿と続いています。

京都や東京程大阪は、日常生活で着物を活用されている人口は多くは無いとは、何となく肌身で感じられますが、小さな商店街で呉服を取り扱っている店舗もあったり、着付け教室もあったり、その辺りの商都としての着物買取の需要もそんなに苦労しなくても探り当てる事が比較的簡単に出来るのも実感できたりします。


大阪船場イメージ画像500×332.jpg






着物買取 京都

着物買取 京都で、東京の時同様ググってみると着物買取の企業や店舗は、東京の様に多くはヒットしませんでした。

ただ上位表示で、広告としてバイセル、まんがく屋、ヤマトク、福ちゃんと言ったネットで、有名店の記事が目立ちます。

京都の呉服店は、同様にググってみると判るように、ネット上でも多くの店舗が検索できます。この状況は、東京とは全く逆転現象。

思うに京都では、呉服商の老舗が多く、こじんまりとした小さな店舗を構えてその街々で、例えば祇園界隈や神社仏閣、華道、茶道、等々の着物との関わりのある京都独特の文化が活発なので、そこに携わる人々は他の都市以上に、普段着として着物を愛用されていて、着物はその人々が長年の付き合いから世話になっている、それらの街々に古くから根付いている特定の呉服屋との関りがあって、その中で着物の流通が連綿と続いているのが想像されて、検索では上記の様に表れているのではないでしょうか・・・?

絶対人口では東京が断然多くのユーザーが、ネット検索で、着物買取を活用されている印象です。一方京都では着物の買取でネットを活用されるのは、一般の方々が活用されているのが大部分を占めていて、上述の様な普段着にも着物を活用されている様な方々は、仕立て直しや故知なサークルの中で、譲り受けたりされたりして、一般の市場にはそうそう流通されにくいのかもしれません。

京都は文化や観光、歴史のイメージのある都市。着物と言えば京都を思い出す程。古都では着物買取で、お世話になるのならネットでの有名どころでの業者で吟味されるという事になるのでしょう。




着物買取のヤマトク


着物買取 東京

着物買取 東京で、ググってみると今・・・。
星5.0で以下の店舗がヒットしました。

・株式会社 きものおおば クチコミ(2)
所在地: 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3丁目6−6
電話: 03-3664-8663

・東京 リサイクル 着付け クチコミ(4)
所在地: 〒113-0023 東京都文京区向丘2−34−8 -1F
電話: 0120-510-673

・着楽堂 クチコミ(9)
所在地: 〒190-0023 東京都立川市柴崎町2丁目5−2
電話: 042-523-9702

・たんす屋 浅草・雷門通り店 クチコミ(1)
所在地: 〒111-0032 東京都台東区浅草1−6−3
電話: 03-3845-1529

・着緑 クチコミ(8)
所在地: 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目12−2 ミナナミコーポ202
電話: 03-3418-6651

・たんす屋 下北沢店  クチコミ(1)
所在地: 〒155-0031 東京都世田谷区 北沢2丁目29−5
電話: 03-3469-5291

・(株)坂本呉服店 クチコミ(1)
所在地: 〒192-0081 東京都八王子市横山町10−15
電話: 042-622-3747

・きものわかば 月島店 クチコミ(6)
所在地: 〒104-0051 東京都中央区佃1丁目9−6
電話: 03-5548-1558

・きもの蜜月 下北沢 クチコミ(2)

所在地: 〒155-0031 世田谷区北沢2-12-3 サウスサイドテラス1A
http://kimono-shimokita.seesaa.net/

・ふだんきもの杏 クチコミ(1)
所在地: 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目1-7 2F
https://kimonoan.info/shop-information

・きものはうす五箇谷 クチコミ(1)
所在地: 〒190-0022 東京都立川市錦町2-1-1 タウンコート立川504号
電話: 042-540-8408

・あさぎ堂 クチコミ(1)
所在地: 〒154-0016 東京都世田谷区弦巻2-23
電話: 090-6959-8686

以上の着物買取店が、グーグルの検索では高い評価を受けている様です。
東京在住の方で、着物買取のお店をお探しなら、以上のお店を参考にされるのもいいかも知れません。

着物買取イメージイラスト500×500.jpg